小顔注射 品川美容外科

小顔注射 品川美容外科

品川美容外科の小顔注射とは

品川美容外科で受けられる小顔注射は「1日脂肪取りR 顔やせ」という名称
小顔注射ではBNLSが有名ですが品川美容外科の小顔注射は「アウトライン」と呼ばれる
BNLSと同様の成分で、3万件以上の実績があります

 

植物から抽出した天然由来成分で脂肪分解を促すもので
注射24時間後に脂肪細胞が約30%減少することが」証明されています

 

ほおやフェイスライン、二重アゴをすっきりしたい方や
ほうれい線やマリオネットラインが気になる方におすすめの注射です

 

脂肪だけでなくエラのハリが気になる方はボトックスと同時に受けることができるので
理想のフェイスラインになれますね

 

症例写真や詳細は下のバナーから品川美容外科の公式サイトへどうぞ
無料メール相談や無料カウンセリングを受けることもできます

 

品川美容外科

 

品川美容外科の小顔注射の特徴

 

従来の脂肪溶解注射では注射後に腫れや赤みがでることがありましたが
品川美容外科の小顔注射はダウンタイムや副作用がないのが特徴
注入時に少しふくらみが出る程度で個人差もあるようですが
ほとんど腫れることがないというのはうれしい点です

 

処置の時間も20分と短く、通院も当日のみ

 

翌日に点状出血と内出血が少し残る場合もあるとのことですが
メイクでカバーできる程度なので、外出やお仕事に差し支えなし
注射当日からメイクや入浴もできます

 

脂肪吸引と違って、価格が安いのも小顔注射のメリット
品川美容外科では初回施術で1ccが1,000円(税抜き)5ccまで受けることができます
2回目以降は1cc3,950円(税抜き)となっています

 

品川美容外科所在地

【東京】 品川・ 新宿・池袋・上野・渋谷・銀座
【その他の地域】 宇都宮・横浜・大宮・仙台・千葉
 大阪 心斎橋・ 梅田・名古屋・静岡・神戸・岡山・福岡
など、全国に42院あります

 

品川美容外科

 

品川美容外科の6つの取り組み

小顔注射は、安全性が高いとされていますが
大切なお顔にかかわることですから、信頼できる美容外科を選びたいですね
以下に、品川美容外科の取り組みの詳細を転記します

 

≪品川美容外科の美容整形に対する6つの取り組み≫

 

1..500万症例の実績
―――――――――
 品川美容外科は今後もドクターたちの豊富な経験と高い技術力、
 患者様の満足にお応えすべく、常に技術の研鑽に尽力する
 プロフェッショナル集団を努めます。

 

2.カウンセリングを最重視
―――――――――――――
 患者様の「こうなりたい」という希望を細かくヒアリングし、
 その上で、いろんな施術の中から、仕上がりの具合、
 ダウンタイムの程度などを考慮し、一番ベストなご提案をさせていただきます。

 

3.充実のアフターケア
―――――――――――
 施術後のアフターケアや診察、検査、投薬などすべて無料で行っています。
 また、術後の保障制度(一部施術に適用外もございます)を設け、
 患者様の不安を解消する体制を整えております。
 施術が終わったらおしまい、ではありません。
 経過を診察させていただくのも大切なドクターの務めです。

 

 

4.痛み・ハレを最小限にする工夫
――――――――――――――――
 患者様が施術を受けられるにあたり、躊躇される要因が「痛み・ハレ」への不安です。 品川美容外科では、極細の注射針で挿入時の痛みやハレを最小限に抑えたり、
 施術時間の短いメニューを開発するなど
 患者様の身体に負担をかけないように取り組んでいます。
 また、施術中の痛みをなるべく少なくし、リラックスして受けていただくために
 麻酔という選択肢もあります。 麻酔には施術の種類などに応じて、
 吸引、塗布、貼付、注入と様々なタイプをご用意しております。

 

5.独自の新治療の研究開発
―――――――――――――
 品川美容外科には、独自の研究チームがあります。患者様の満足に応えるため、
 「より効果のでる治療を」「より痛みやハレを少なく」をモットーに、
 研究開発を続けております。 さらに患者様の「美」を実現すべく、
 安全で効果の高い治療を追究してまいります。

 

6..適正な価格設定
―――――――――
 品川美容外科の料金は、患者様第一という姿勢から、
 徹底してムダなものを省いた結果、
 現在のリーズナブルな適正価格となっています。
 一人でも多くの患者様に、よりよい治療を受けていただきたい、
 そして品川美容外科にきてよかった、そう思ってほしい。
 それがドクターをはじめ、スタッフ全員の気持ちです。
 質の高い施術を適正な料金でお届けする、
 それは、私たちが患者様から信頼され続けるための約束でもあるのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ